[ふみだす一歩」を支援するサイト【ココウィル】
ニュース

cokowill運営メンバーについて

こんにちは。

寒川です。

 

今日は、cokowillの運営メンバーについてのお知らせです。

 

cokowillは2016年7月にサイトをオープンしました。

cokowillの構想自体は2015年の夏から始まり、様々な出来事がありながら、去年スタートを切りました。

 

2016年にサイトをオープンすると同時に、cokowill cafe、1週間キャンプ、ワークショップなど、

「ふみだす一歩」につながる機会づくりをして来ました。

 

一方で、届けたいインタビューのアウトプットが追いついていなかったりという本来やりたいことができていない、という状態も続いていました。

 

そんな中、京都で開催した「本当の仕事」ワークショップに参加してくれたことで出会った、

池田佳世子ちゃん(通称:Ikekayo)がcokowillの記事の編集長としてjoinしてくれることになりました!

かよちゃんは、greenzでライターをしています。

http://greenz.jp/author/ikedakayoko/

面白い話も真面目な話もできる、関西の血が流れるかよちゃん。

かよちゃんが来てくれたことで、大事に預かっているインタビューたちが、

世の中へ発信されていくに違いありません!

 

そして、もう一人。

4月からjoinしているコワーキングスペースで一緒にコミュニティマネージャーをしている、

Akko Terasawa さん。あっこさんと呼んでいます。

あっこさんは海外で仕事をしていて、数年前に日本に戻って来ているのですが、

出会った時から「あっこさん」という響きと、Facebookの表記がアルファベット表記なため、

漢字の名前を見ると一瞬誰かわからないということが起きます。

 

ということで、cokowillでも最初から漢字は使用せずにいきます。

あっこさんはデザイナーさん。私はクリエイティブの力を信じてやまないので、

出会えたことに本当に感謝しています。

 

名刺もあっという間にあっこさんが作ってくれました!

cokowillのロゴを決めるときもあっこさんに相談をさせてもらって、ちゃんと決めることができました。

 

そうそう、あっこさんはcokowillのロゴの相談をしたことがきっかけで、

joinしてもらうという流れになったのでした。この話、今後ブログに詳細を書きたいと思っています。

 

二人とももちろん、ポートフォリオワーカー(この働き方を知りたい人はこちらのイベントへhttp://peatix.com/event/295546

cokowillが伝えていることを体現している仲間です。

 

そして、今回、cokowillのまだ形のない頃から一緒に歩んでくれた、

のぶぅ(川口信光)はcokowillを卒業します。本当に本当に感謝しかありません。ありがとう!!

 

サウル(桑原康平)は引き続き相談役として関わってくれます。

前から、この立場だったのですが、どういうタイトル(役割名)が良いのかが明確になっていなくて、

cokowillで何をしているの?と聞かれても説明がしづらかったと本人が言っていたのですが、

とってもしっくりくる名前がついてサウルも私も喜んでいます。

 

そして、cokowillは新たな仲間とも出会いたいと思っています。

ライティングに興味のある方、発信することが好き!という方はぜひお声がけください!!

 

新たな体制となったcokowillを引き続きよろしくお願いします。

 

寒川

コミュニティ

一覧を見る

インタビュー

一覧を見る